アパート経営の成功率は?成功の要因と失敗を避けるためのポイント

公開日:2023/12/15  

名古屋市 アパート経営 成功率

近年、副業を始める方が増えてきています。副業が増えている理由として、働き方の多様化により、企業で副業を認めるところが増えてきているのが要因の1つとなっています。ですが、副業を始めたくても、何を副業にすればいいのかわからない方もいるでしょう。今回は、そんな方のために、アパート経営について紹介していこうと思います。

アパート経営の成功率は高い?

今回は、アパート経営について紹介しますが、そもそも、「アパート経営って本当に大丈夫なの?」と思う方が多いかもしれません。アパート経営は、成功率が高いと言われていますが、確かにこれから始めたいと思っている方には、不動産投資というものに対して不安に感じる部分があることでしょう。そんな方のために、下記では、実際にアパート経営している方にアンケートを取った結果、成功率はどうなっているのかを見ていこうと思います。

実際の成功率

実際にアパート経営している方々を対象に「あなたはアパート経営が成功していると感じますか?」とアンケートをとったところ、約70%の方が成功していると回答していました。残りの30%の方が現状だとなんとも言えないと回答しており、この結果だけを見ると成功率が高いということがわかります。

成功している基準というのは、あくまで個人で異なってくるため、一概に何をすれば成功なのかは、言い難いのですが、このアンケートを見るに、アパート経営を始めて、後悔しているという方は少ないように感じます

成功するための重要な要因と勘違いしがちな失敗パターン

こちらでは、アパート経営を成功させるための要因と勘違いしがちな失敗パターンを紹介していきます。まずは、成功するための要因についてまとめたので、下記をご覧ください。

余っている土地の活用

実際、使っていない土地を、アパート経営に活用できたことを成功の要因としている方は1番多いです。土地だけあっても、その土地を活用していない方、土地が余っている方というのは、意外に多いのが現状となっています。そのため、アパート経営で活用できれば、無駄にならずに済んでよかったと考える方が多いようです。

そして、土地があれば、アパート経営を始める際、初期費用が少なくて済むのも、成功されるための要因の1つです。土地が既にある状態なら、かかるお金はアパートを建てる費用のみとなるので、資金的にも余裕ができます。

部屋が埋まらない

こちらは、失敗パターンとなります。部屋が埋まらない、つまり、空室の状態だと家賃収入が得られなくなってしまいます。空室が目立ってしまうと、自分の資金でローンや管理費を支払っていかなければならないので、それが続くようだと、アパート経営が失敗してしまうことがあります。

アパートを建てたからといって、勝手に部屋が埋まるわけではなく、入居する方もそれぞれ希望の条件などがあったうえで、賃貸住まいをするということを常に念頭に置いておくことが重要です。

修繕費が高くなった

こちらも、失敗パターンとなります。アパートだけに限らず、家というものは老朽化していくものです。そのため、いつ突発的に設備が故障するかわかりません。そうなった場合の修繕費を想定せずに、アパート経営を続けていくと、思いもよらない修繕費の出費により、アパート経営がうまくいかずに失敗するケースもあので、気をつけましょう。

アパート経営の成功率を高めるための秘訣と注意点

最後に紹介するのは、アパート経営の成功率を高める秘訣と注意点です。これを知っているのと、知らないのでは、成功率がかなり変わってきます。そして、注意点も一緒に紹介していくので、そちらの詳しい内容を下記で紹介していきます。

物件を選ぶ

アパートを建てる場所は需要があるのか、あらかじめ調べておきましょう。たとえば、駅まで徒歩で行ける場所であったり、スーパーなどのお店がアパートから近かったりすると需要があり、人気の物件となるはずです。このような立地のよさも、成功率を高める秘訣の1つです。

入居者の選定

入居者はトラブルを起こさず、家賃も滞納しないような人をしっかりと審査しましょう。あまり審査を厳しくしすぎると、入居者を確保できなくなるので、そこはバランスが重要です。管理会社としっかり連携を取って、入居者を迎え入れましょう。

保険加入を忘れずに

こちらは、注意点となります。いつ起きるか分からない災害に備えて、火災保険や地震保険には、必ず加入しておきましょう。アパートを建てたのに、地震などで倒壊してしまっては、元も子もないので、災害リスクには備えておきましょう。

まとめ

今回は、アパート経営の成功率や経営する際の注意点などを紹介していきました。アパート経営を始める際は、自分でもそれなりの知識をつけておきましょう。不動産の取引や税金関係などは、自分で調べようとしない限りなかなか知識がつかないので、不動産会社が開催しているセミナーに通うなどして、あらかじめ準備しておくことが大切です。アパート経営は、不労所得と言われていて労働を伴わないで収入を得ることが可能です。将来の収入に不安がある方は、働きながら不労所得で副業していくのもこれからの時代は、必要になってくるのかもしれません。あなたも1つの場所にとらわれない働き方を実現するために、アパート経営を始めてみませんか?

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

入居者が無断でペットを飼っている場合、管理会社やオーナーは慎重に対応しなければなりません。ほかの入居者からクレームが入る前に、適切に対応するにはどうすればよいのでしょうか。今回の記事では、ペ
続きを読む
喫煙者の入居者がいる場合、隣人間のトラブルを防ぐためには、適切な喫煙エリアの設置や、部屋内での喫煙禁止を明確にすることが重要です。また、煙の侵入を防ぐための換気設備の整備や、入居者に対する喫
続きを読む
アパート経営とは、アパートを1棟丸ごと所有し、各部屋を賃貸して家賃収入を得る不動産事業のことです。安定して収入が得られる反面、必ずしも利益を出せるとは限らないため、「アパート経営は儲からない
続きを読む
アパート経営は多額の資金を必要とする事業です。しかし、サラリーマンでは全く手が届かないかといえばそうではありません。資金計画をしっかり立て、良い管理会社と提携できれば長期安定収入を得ることが
続きを読む
アパート経営は、長期的な安定した収入が得られるため、不動産投資を始められる方が増加しています。また、相続税の節税効果や生命保険の代わりになることも人気の理由です。しかし、アパート経営はメリッ
続きを読む